2018年2月・水瓶座の新月

プルメリアバードのブログをお読みくださいまして、ありがとうございます。

今回の新月は、2018年2月16日、06:05頃、水瓶座で起きます。

部分日食となりますが、日本では見られません。南米の南側や南極などで見られるそうです。

旧暦の元旦でもあるので、月のサイクルに従っている方は、今回の新月は重要に感じられるかもしれません。

チャートを見ていてちょっとワクワクしています。

というのが、いよいよ「水瓶座時代」に突入していって、それが本格的に始動し始めるような空気が星から感じられるからです。

(2000年辺りまでの約2000年間は魚座時代でした。そこからは水瓶座時代と言われていて、今はその移行期だと言われています。興味のある方はプラトン年とか歳差運動とかで調べてみてくださいね)

今回の新月のテーマは、

「自分の中の古い常識を新しく書き換え始める。新しい人に進化するか古いまま留まるかを選んで行くタイミング」

です。

ネットでもテレビでも日常でも、それぞれの立場から見た様々な意見が飛び交っています。

ですがよくよく見ると、切って捨てるのか、あるいは対話を模索するのか、や 相手の存在を認め尊重するのか、あるいはしないのか、や 昔からの価値観や常識と新しい考え方や物の見方のぶつかり合い、等々に収束していくように私には見えます。

昔は残業しても働くのが美徳だったけれど、今は残業して残業代も出さないような会社は完全にブラック企業です。

人にものやお金を請うなんて、という考え方もありましたが、今は資金集めにクラウドファンディングで「この企画に賛同してくれるならお金を寄付して!」と呼びかけます。

昔はペットとも呼ばず外で飼われたり放し飼いだったりほったらかしだったけれど、今は動物保護をする人たちのおかげで、犬や猫達の殺処分は減ってきています。

一人で赤ちゃんや幼児を連れている若いお父さんも見かけるようになりました。

ふと思いついただけでも自分が子供のころとはかなり世の中も考え方も変わってきています。

そして子供や若い人と話すとわーすごいなあ、考え方が違うなあ、なんて思う。

ここまでなら、年齢を経て誰もが思うことです。

違うのは、この時代の変化は年齢を問わず全ての人に関わってきていて、今までの人間が積み重ねてきた知識や技術を基礎にしながらも、人間が大きく変わっていかないといけない時期に差し掛かっている、ということです。

この先の未来でも通用し生きていける人としての「新しい常識」を身に付けて行けるかどうか。

その為には、今までの自分の中のふるーい「常識だと思っていたこと」、も直視しないといけないし、目の前のことだけ考えていればいいとはなりません。

欲望や本能的な部分をきちんと躾けていくこと。その方法を学ぶこと。

「Think globally, act locally」という言葉があります。

地球規模で考えて、自分の足元の、目の前のことから行っていく。

「私一人がそんなことを考えても仕方ないのでは。私普通の人だし…」

尖った天才を除いて、みんな普通の人です。

そして普通の人が世の中で一番多い。

私たちが少しずつ変わることで、未来が変わる。

その始まりを教えてくれている新月のように思います。

良い新月を迎えられますように!

占星術カウンセリング

占星術講座

天然石セレクトショップ

「自分の星を使いこなすための天然石ブレスレット」ご希望の方はこちらから☆

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

星と石と心の店 プルメリアバード

plumeriabird.mary@gmail.com

Copyright (C) 2013-2020 Plumeriabird All rights reserved.

 

  • プルメリアバード Facebookページ
  • プルメリアバードTwitter